発毛・育毛の違いを知っておく | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

発毛・育毛の違いを知っておく

抜け毛が気になってきたときに使うのが頭皮につける育毛剤です。育毛剤の他にも、発毛剤や養毛剤などもあります。どれも抜け毛を予防する効果がありますが、基本的に配合されている成分が違います。自分の目的や頭皮に合った製品を使うことで抜け毛予防につながります。

頭皮環境を改善して髪を元気にする

抜け毛が気になってきたときに使用する育毛剤は、薬局やドラッグストアなどにたくさんあります。育毛剤は化粧品に分類される製品です。頭皮に使うことで、頭皮コンディションが良くなります。そして現在生えてる髪の毛根部分が栄養を吸収し、元気にしっかりと育ちます。柔らかく細く切れやすい髪が丈夫に育つので、抜け毛予防になります。基本的に育毛成分が中心に配合されていて、ゼロの状態から新しく髪を生やす効果はないです。しかし、穏やかな効果があり、化粧品なので副作用がなく、毎日スキンケアをする感覚で安全に使えるのが魅力です。

抜け毛が増えて薄毛になってしまったら

育毛剤は現在生えている髪の毛を育てる効果があります。それに対して、まったくのゼロの状態から新しい髪を生み出す効果があるのが発毛剤です。発毛剤は医薬品に分類されているものが多く、手に入れるには薬剤師の許可や医師の処方箋が必要です。ミノキシジルなどの強力な発毛促進成分が配合されていて、短期間で確実な効果が期待できます。様々な原因で乱れたヘアサイクルを改善し、眠っていた毛根が復活する製品です。抜け毛が増えて薄毛がひどくなってしまっても、発毛剤を使うことで細胞分裂が活性化して頭髪がフサフサに復活します。

化粧品に近い医薬部外品の養毛剤

育毛剤や発毛剤の他に養毛剤というのもあります。養毛剤も育毛成分が配合されていて、頭皮に栄養を与えて頭皮環境を良くする効果があります。栄養が吸収されれば発毛にも繋がります。ただし、医薬品よりも化粧品に近い医薬部外品の製品が多いので、強い発毛効果はないです。育毛剤と同じように緩やかな効果があるので、頭皮や体に負担がなく、毎日安心して塗ることができます。このように抜け毛に効果がある製品には化粧品、医薬品、医薬部外品があり、それぞれで似ているようでいて違いがあります。自分の抜け毛の状態を見て、頭皮に負担にならない製品を使うことが大切です。

まとめ

頭皮に塗って抜け毛予防をする製品には、化粧品、医薬品、医薬部外品の三つがあります。まだ抜け毛が少ない状態なら、化粧品や医薬部外品がお勧めです。すでに薄毛になっている状態なら、発毛効果がある医薬品が効果的です。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP