男性のAGAを治す効果がある発毛治療 | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

男性のAGAを治す効果がある発毛治療

AGAは進行性の脱毛症なので、ケアを怠ったり、間違ったケアを続けたりすると悪化します。しかし、早めに適切なケアをすれば治る脱毛です。生え際が気になってきたら発毛治療をしている医療機関に相談に行ってみるのがお勧めです。

薄毛に効果があるプロペシアの歴史

AGAをしっかり治したいときに利用するのが「プロペシア(フィナステリド)」です。プロペシアは、アメリカの製薬会社が販売している錠剤タイプの経口薬です。男性の薄毛を予防する効果と、薄毛の促進を防止する効果があります。元々前立腺肥大を治す薬として開発されたのが最初で、その後AGAの薬としてアメリカ食品薬品局による認可を受けました。日本でも2005年に厚生労働省による認可が下りています。プロペシアは日本皮膚科学会が推奨するAGA治療のAランクに属しています。つまり、一番おすすめのAGA治療という意味です。

事前に検査をするので安全に飲める

プロペシアは発毛クリニックを受診すれば手に入ります。発毛クリニックは、最先端の発毛治療ができる医療機関です。最初にどうして薄毛になったのか、その原因を検査ではっきりさせます。まず男性の薄毛だからといって必ずAGAとは限らず、その他の脱毛症の場合もあります。また、肝機能が弱いとプロペシアの服用ができない場合もあります。そのような検査を事前にできるのが発毛クリニックです。また、クリニックでAGA遺伝子検査をすれば、自分がAGAリスクを持っているかどうかが分かります。AGA遺伝子検査の費用は2万円ほどです。

ノーニードルメソセラピーで頭皮に注入する

プロペシアや錠剤タイプになっていて、一日一錠、水と一緒に経口摂取するのが基本です。個人差はありますが、約3ヵ月ほど継続して服用すれば、次第に効果が出てきます。もっとスピーディーな効果が欲しいなら、ノーニードルメソセラピーという頭皮に注入する治療もあります。ノーニードルメソセラピーとは、高周波やレーザーなどで、プロペシアを頭皮に注入する発毛治療です。プロペシアの他に、成長因子、ミノキシジル、ビタミン、ミネラルなど、自分の頭皮に不足している栄養をダイレクトに補うことができるので、劇的な効果があります。

まとめ

プロペシアが日本の医療機関で手に入るようになってから10年以上経ちます。そして、いまでは発毛治療の医療現場ではなくてはならない医薬品となっています。プロペシアを安全に服用するには、まず発毛クリニックを受診し、AGAかどうか検査をすることが大切です。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP