AGAになる原因と5α還元酵を抑える方法 | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

AGAになる原因と5α還元酵を抑える方法

多くの男性がコンプレックスに感じているのが生え際の薄毛です。30代になってM字型に生え際が後退してきたら、AGA(男性型脱毛症)のサインです。遺伝子検査をしてみて、適切なセルフケアをしたり、あるいはクリニックで発毛治療を受けることをお勧めします。

生え際の薄毛は遺伝で決まります

男性ホルモンは生え際近辺のヘアサイクルにダメージを与える性質を持っています。そのため、多くの男性は年を重ねるとしだいに生え際が後退し、おでこが広くなっていきます。しかし、中には中年になってもまったく生え際が薄くならない人もいます。それは、その人が生まれつき脱毛の遺伝子を持っていないためです。男性ホルモンが5α還元酵素と結合することで抜け毛が増えますが、この5α還元酵素の活性度はほぼ遺伝で決まります。つまり、5α還元酵素の働きがそのまま遺伝してしまえば、親から子供へAGAになりやすいリスクが遺伝するのです。

遺伝性の薄毛でも治すことができる

「自分の薄毛は遺伝だからしょうがない」と諦めるのはまだ早いです。今は遺伝の薄毛でも治せる時代になっているからです。発毛クリニックなどのしかるべき医療機関に行けば、まずは「AGA遺伝子リスク検査」をして、5α還元酵素の活性度を調べてくれます。その検査で、生まれつき薄毛になりやすい体質かどうかが判明します。そしてその人にあった発毛治療を施してくれます。ちなみに自宅で調べることができるAGA遺伝子リスク検査キットも売られています。クリニックだと2万円くらいしますが、家庭で調べるタイプなら1万円くらいなのでお得です。

セルフケアと医療機関での発毛治療

5α還元酵素の活性を抑えるには、セルフケアをする方法とクリニックで治療をする方法のふたつがあります。最初にするのがセルフケアです。クリニックに行くよりも経済的に頭皮のケアができます。アミノ酸シャンプーと育毛剤があれば、セルフケアだけでも薄毛の進行をストップできます。早く治したいなら、クリニックで発毛治療をする方法があります。フサフサな状態に戻すには市販品だけでは限界があります。しかし、クリニックなら精密検査、カウンセリング、内服薬や外用薬などの医薬品処方などで、短期間で生え際のヘアサイクルを正常に戻してくれます。

まとめ

5α還元酵素は親から遺伝しますが、たとえ遺伝してしまっても5α還元酵素を抑える育毛剤を使ったり、医薬品を使ったりすることで予防・改善ができます。薄毛になっても諦めずに早めに頭皮ケアをすることが大切です。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP