成人男性がなりやすいAGAの原因と育毛剤 | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

成人男性がなりやすいAGAの原因と育毛剤

男性は男性ホルモンの影響で薄毛になりやすいリスクがあります。抜け毛が増えてきた、生え際が後退してきたと感じたら、早いうちから頭皮ケアを始めることが大切です。早めにケアをすれば薄毛を予防・改善できます。

男性ホルモンがきっかけでなる薄毛

AGAとは男性型脱毛症のことで、主に成人男性が発症する薄毛です。AGAになると、おでこの生え際がどんどん後退します。そして生え際がM字型やU字型に薄くなります。または、頭頂部のつむじの辺りの抜け毛が増えて、O字型に薄くなってくるのもAGAの特徴です。AGAになる原因は1つではなく複数あります。最も多い原因が男性ホルモンです。男性ホルモンが活性化すると、ジヒドロテストステロン(DHT)と言う脱毛ホルモンになります。脱毛ホルモンは脱毛を誘発する男性ホルモンで、AGAになる最も強力な原因とされています。

抜け毛が増えてきたらすぐにケアをする

おでこが広くなってきなり、頭頂部が薄くなってきたら、AGAのサインです。そのような傾向が見られたら、積極的に頭皮ケアをすることが大切です。男性の薄毛や抜け毛に効果がある育毛剤は、AGAのメカニズムを解明して作られてあります。男性ホルモンにアプローチするタイプの育毛剤です。男性ホルモン抑制タイプはAGAに効果があります。その他にあるのは、血行の促進作用や皮脂分泌を抑制する作用です。頭皮の血行が良くなると毛母細胞が酸素や栄養をしっかり吸収します。また、皮脂の過剰分泌を抑制する働きもあるので、頭皮のべたつきを予防できます。

飲むタイプの育毛剤は内側から効く

普通は育毛剤というと頭皮につけるものです。しかし、飲むタイプの育毛剤もあります。内側から育毛環境を整えることができるのが、飲む育毛剤です。頭皮に塗るタイプよりも効果が高いものが多いので、塗るタイプがあまり効かない場合にお勧めです。一番いいのが、頭皮につけるタイプと飲むタイプを両方同時に使う方法です。そうすると相乗効果でAGA改善率がアップします。飲むタイプの育毛剤でよくあるのがノコギリヤシのサプリメントです。ノコギリヤシには男性ホルモンの抑制効果があることがわかっています。また、ノコギリヤシサプリメントは頻尿予防にも効果的です。

まとめ

AGAになったら男性ホルモンに効く育毛剤を使うのが効果的です。頭皮に塗るタイプの育毛剤が沢山ありますが、余裕があるなら飲むタイプの育毛剤を摂取して、体の中から男性ホルモンを抑制するとさらに効果が高まります。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP