生え際の後退を食い止めたい時にやるマッサージ | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

生え際の後退を食い止めたい時にやるマッサージ

生え際が徐々に後退してM字型になるのは、加齢による男性ホルモンの変化が原因と言われています。遺伝的要素も強いと言われる現象ですが、なんとしてでもこの進行を食い止めたいという時に有効なのが頭皮マッサージ。どのように行えば効果的なのか、まとめてみましょう。

本当の目的は頭皮の血行促進にあり

生え際に限らず、発毛を促進するには頭皮をマッサージするのが効果的だと言われています。このマッサージの目的が、毛根を刺激して発毛を促進することだと思っている人も多いのですが、真の目的は刺激ではなく血行促進です。発毛のパワーが徐々に低下してしまう原因の一つに、頭皮の毛細血管の血行不良が挙げられています。発毛を邪魔する要素は他にも色々とあり、要因は複雑に絡んでいるのですが、血行不良はその要因の多くに絡む根本的な問題となります。髪の毛を作っているのは毛母細胞ですが、細胞ですから当然、血液から栄養や酸素をもらって活動しています。血液量が不十分なら当然活動のパワーも低下しますので、生え際の後退を食い止めたいなら、何をおいても必要なのが血行の促進なのです。

正しいマッサージは入浴時に行うべし

頭皮マッサージは、体温が上がっている時に行うのが最も効果的です。頭皮が清潔である必要もあるので、最適なのはやはり入浴時。髪の毛をしっかり洗ってキレイに流し、全身が温かい状態で行うのがベストタイミングです。育毛剤を使用しているなら、マッサージする前に頭皮に付けておいたほうが効果的です。また、育毛剤の有効成分がしっかり頭皮に浸透するように、育毛剤を付けた後は数分おくのがお勧めです。付けてすぐに手で触ってしまうと、せっかく付けた育毛剤が取れてしまいます。タオルなどで巻いて、しばらく蒸し状態にするのも良い方法です。

大きく掴んで全体を揺らすのがコツ

生え際のマッサージは、指の先で直接こすってしまう人も多いのですが、これはかなりNGな方法です。肌を摩擦するのは厳禁ですので、指と頭皮はなるべくこすり合わせないようにするのがポイント。両手の全部の指を使って行うのですが、まず、指のポジションを確認しましょう。親指の腹は耳の上あたり、小指が生え際のすぐ下、薬指が生え際のすぐ上中指がちょうど親指の延長線上、人差し指が頭の中心より後ろあたりになるように、指をガッと拡げて頭を鷲掴みにしてみて下さい。手のひらは浮かしたままで、指の腹だけで頭皮をしっかり掴みます。そのままの状態で、大きくゆっくり頭皮を前後に動かしましょう。爪は立てず、頭皮全部を大きく動かすのがコツです。毎日入浴時に5分程度マッサージすれば、頭皮の血行がかなり改善するでしょう。

まとめ

生え際の後退を食い止めたい時には、毎日入浴時に頭皮全体を大きく揺らすマッサージを行うと効果的です。目的は刺激を与えることではなく、頭皮の血行を促進するためですので、摩擦を起こしたり爪を立てたりしないように注意しましょう。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP