正しいスカルプケアシャンプーでAGAを改善 | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

正しいスカルプケアシャンプーでAGAを改善

男性ホルモンは筋肉をつけたり体毛を濃くしたりしますが、頭髪は薄くする効果があります。頭皮がべたつくのは、男性ホルモンが活性化したり、間違ったスカルプケアを繰り返したりすることで皮脂が過剰分泌されることが原因です。

皮脂が過剰分泌されて抜け毛が増える

スカルプケアの基本となるのが、毎日のシャンプーです。シャンプーは頭皮を清潔にするために大事な作業です。頭皮が不潔だと、毛穴に皮脂や汗や角質が詰まります。そしてそれが原因となって、抜け毛が増えます。また、AGAになる原因の一つが、皮脂の過剰分泌です。男性ホルモンは、皮脂腺を刺激して皮脂分泌を過剰にします。さらに必要以上にシャンプーで頭皮を洗いすぎると、頭皮か乾燥しすぎてしまい、肌を守るために皮脂腺が活性化します。それが原因で頭皮がベタベタして、抜け毛や薄毛につながります。シャンプーは適度にすることが大切です。

汚れを落としつつ適度に皮脂を残す

AGAに効果があるのが育毛シャンプーです。育毛シャンプーは、髪の毛よりも頭皮のことを考えて開発されています。男性用の育毛シャンプーなら、AGAの原因である男性ホルモンの抑制効果がある成分を配合しています。また、皮脂を落としすぎないのも特徴です。基本的に合成界面活性剤などの刺激のある成分は一切配合しておらず、ナチュラルな成分だけで出来ています。ノンアルコール、ノンケミカルで、洗浄力が弱めなので、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流さず、それでいて汚れはしっかり落とします。毎日使っても頭皮に負担がかからず、乾燥を防ぐことができます。

正しいスカルプケアをして抜け毛予防

髪の毛を洗う前にまずプレ洗いをする必要があります。プレ洗いとは、お湯だけで頭皮や髪の毛を洗うことです。それだけで8割位の汚れが取れると言われています。また、しっかりプレ洗いをして油汚れをとっておくとことで、育毛シャンプーの泡立ちが良くなる効果もあります。スカルプマッサージをするときは、爪を立てないように指の腹を使って優しく揉み込むようにします。最後にシャンプーの泡が残らないように、こめかみや襟足なども注意してしっかりと洗い流すことが大切です。洗い流した後は清潔なバスタオルで水分を優しくとります。

まとめ

毎日何気なくしているシャンプーが、抜け毛の原因の一つになっていることもあります。まずは正しいスカルプケアの仕方を知って、頭皮に負担をかけないことが大切です。正しいケアの積み重ねで、次第に抜け毛が減っていきます。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP