男性のAGAの原因と、市販の育毛剤 | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

男性のAGAの原因と、市販の育毛剤

男性は生まれつき男性ホルモンが多く、抜け毛になりやすい体質を持っています。男性ホルモンが引き起こす代表的な薄毛がAGA(男性型脱毛症)という脱毛症です。前頭部から禿げたり、頭頂部から禿げたりするのが特徴です。

男性ホルモンが活性化するとなる薄毛

AGAは男性ホルモンが引き起こす薄毛の症状です。20歳後半あたりから発症し、40代で完成します。40代の3人に1人が発症していると言われています。男性ホルモンが活性化すると、悪玉男性ホルモンになります。悪玉男性ホルモンは、頭頂部や生え際に発生しやすいホルモンです。そのため、AGAになると頭頂部や生え際だけ、抜け毛が急増します。今はそんな薄毛に悩む男性のための高品質な育毛剤が沢山誕生しています。AGAの医学的な解明が進み、有効な育毛成分が開発され、自分に合う育毛剤を使いさえすれば抜け毛の進行を止めることができます。

市販品は誰でも安心して使えるのが魅力

育毛剤は市販されているものと、処方箋が必要なものに分けることができます。ドラッグストアや薬局などで手に入るのが市販品遺伝剤です。市販されている育毛剤は、気軽に使えるのが特徴です。医薬品は入っていないので、病歴や体調、治療中の病気などに関係なく使用できるのが市販品のメリットです。 どちらかと言えばAGAの改善よりも、AGAの予防におすすめの育毛剤です。薄毛は親から子へ遺伝しやすい病気です。親が薄毛の場合は、20代の初めから育毛剤を使って男性ホルモンの活性化を抑えていれば、AGAを防ぐことが可能です。

薄毛が拡大しているなら医薬品がお勧め

40代に入ってすでに抜け毛が増えて頭頂部が露出し始めている場合、市販品よりも処方箋が必要な医薬品の方が効果があります。医薬品の育毛剤には、強い発毛効果があります。悪玉男性ホルモンが破壊したヘアサイクルを修復し、再び正常なヘアサイクルに戻します。髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返して生えます。医薬品の育毛剤は、毛母細胞の細胞分裂を活性化させる発毛成分を配合しています。毎日頭皮に浸透させれば、完成したAGAも緩和して薄毛の範囲が狭くなります。医薬品はクリニックに行って医師の診断を受け、医師の指導を守り注意深く使うことが大切です。

まとめ

市販品はAGAの予防、医薬品はAGAの改善と使い分けるのがオススメです。市販品は低刺激なので、毎日安全に使えます。医薬品育毛剤を手に入れるには医師の処方箋が必要ですが、広くなった薄毛を治す効果があります。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP