産毛や生え際がAGAになる原因と対策 | 男性型脱毛症の悩みを解決|AGAの発毛・育毛完全ナビ

alt_02

産毛や生え際がAGAになる原因と対策

AGAになって生え際のヘアサイクルが乱れると、しだいに産毛になって最終的に抜け落ちます。完全に後退してしまうと治療に手間もお金もかかります。産毛に気がついた段階で、適切な対策をすることをお勧めします。

おでこが広くなってきたらAGAのサイン

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性なら避けては通れない代表的な薄毛です。AGAになるとまっさきに気づくのが、生え際の抜け毛です。AGAは頭頂部も薄くしますが、頭頂部は普段目に入らないので髪が薄くなっても気づかない場合が多いです。しかし、おでこの生え際は鏡を見るたびにどうしても目に入ります。生え際がスカスカになったり、産毛のように細く弱々しい毛質になっている場合は、AGAが発症している可能性大です。それ以上生え際が薄くならないために、そうなった原因をはっきりさせて、その原因を取り除くことが大切です。

ジヒドロテストロンとドロドロ血液が原因

生え際の毛が抜ける原因には、ジヒドロテストロンやドロドロ血液があります。ジヒドロテストロンはDHTと言って、ヘアサイクルを乱して抜け毛を増やす悪玉男性ホルモンです。DHTは前頭部または頭頂部に集中的に発生します。生え際が産毛になるのは、DHTがヘアサイクルを乱しているせいです。また、毛乳頭や毛母細胞に酸素や栄養素を運ぶのが血液ですが、ドロドロ血液だと毛細血管を通りにくくなり、生え際まで酸素や栄養素が運ばれなくなります。血液がドロドロになるのは、喫煙習慣、ファストフードの食べすぎ、野菜不足、ストレスなどがあります。

薄毛をセルフケアで改善するには

生え際の抜け毛を減らし、産毛を太くするには、DHTを抑制したり、血液をサラサラにしたりする対策が有効です。DHTの抑制は、男性用育毛剤や発毛剤、育毛サプリメントなどで出来ます。また、DHT抑制ができる内服薬や外用薬もあるので、必要に応じてAGAクリニックに相談に行くのがお勧めです。血液をサラサラにするには、ドロドロにしている食生活を改めることです。喫煙を止めるだけでもドロドロ血液が改善されてサラサラになり、毛乳頭まで酸素や栄養素がしっかり運ばれます。普段野菜がとれないならサプリメントで補うことをお勧めします。

まとめ

DHT発生を抑制する働きがある育毛剤は沢山あります。薄毛が目立ちはじめたら、そのような育毛剤でケアをすると効果的です。また、ドロドロ血液は頭皮にも健康にも良くないので、血液をサラサラにする生活を送ることが大切です。

オススメ記事

AGAスキンクリニック

AGAスキンケアは薄毛、抜け毛専門のクリックです。豊富な治療実績とオリジナルの医療発毛薬で定評があります。全国にクリニックがあり、駅からのアクセスも良く、通いやすいです。無料カウンセリングの予約や相談が、年中無休でできるのも魅力です。

ヘアジニアス

ヘアジニアスグループは、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄にある発毛専門医院です。抜け毛や薄毛は男性型脱毛症、AGAという病気なので、専門の医師の診断を受け、治療する必要があります。発毛カウンセリングが無料で、短期間での治療が好評で、来院者も年間12,000人の実績があります。

TOP